上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中見たくないモノばかり。
それすらも慣れてゆく自分が恐い。
何も感じず
目の前を素通りしてゆく感覚…
心臓をえぐり出し
両の眼を潰し
全てに蓋をしてしまったら
人は楽になるのだろうか。
でもそれは己の存在を消すのと同じ。
誰もがその狭間でもがき苦しむ。
そんな世の中…

もううんざりだよ神様
どうしてこんな世界を創り出したのさ
貴方が望んだのはこんな薄汚れた世界だったの?
これが生を受けた者に対する試練だと言うのなら
乗り越えてゆかなければならないのか。
でもね、貴方が思ってる程人間は強くはないんだよ。
とても弱くて脆い生き物、、
感情を持つ苦しみを与えたのは貴方です。
素晴らしい事だけど、時として残酷…

そんな現実逃避のあたしは
一人寂しく今日は晩酌といきますw
ume.jpgImage475.jpg
たまたまタダでもらって来た梅酒をオンザロックで☆
今日届いたばかりのボブスタイルのウィッグをつけてw
やめたハズのタバコを吸いながら。。ォィ;

これで嫌な事も忘れてしまえ!



…たらいいね。


スポンサーサイト
この狂った世界で

一体どれだけが真実なのか?

すべてが巡り合わせで

運命と呼ぶのなら

あたし達は其れ等を受け入れなければならないのか…

たまには運命に逆らってみたっていいじゃない

悲しい運命なんて誰も望んじゃいない

苦しい運命なんて誰も欲しくない

たまには西から昇って東へ沈んで笑わしてみせてよ
生きる価値を見出せなくなったって

生きてけれる。

でも

生きる意味を失ってしまったら

生きてけない…。

やりたい事

したい事

好きな事があれば生きて行ける。

全てがそうだとは思わないけど

そんな気がする。


一番危ないのは

死ぬ意味を見出してしまった人。


人間は脆い生き物…

神が与えた思考と感情というすばらしき能力。

でもその代価は時として残酷…
大事な大事な…
とても大切なモノを壊してしまった。
とても大事にしてたハズなのに
あたしはいつも粗末に扱ってしまう…
後の事なんて考えずに。

そしていつも後悔する
もっと大事に扱えば良かったって。。。

結局は自業自得で
自分が悪い
大事に出来なかった自分のせい

代わるモノなんてありはしないのに
壊れてしまったら
もう二度と同じモノは手に入らない
似たモノを手に入れたって
それはまがい物で。
この世でただ一つしかないのに

まだ実感が湧かない。
頭の中で理解が出来ない
目の前の現実を受け入れられない
何が起きたのか…
わからない

もう二度と手に入らないのに


無くなったのなら探せばいい
必死に探すよ。

ケド

壊れてしまったら
元には戻せないよ
何かが違うよ

気休め?
その場しのぎ?


それでもいいのかもしれない…
まがい物なんていらない
1つしかないの。

もし直す方法があるのなら…直したい。
元どうりにならなくても…

でも

その術を
あたしは知らない。
私の描いたデザインがパクられた。。
こうゆうのって悔しい。
今回のは私一人が考えたデザインじゃないし、余計に複雑。
丸パクリでもないし、画像を加工したわけでもない、、
ただ似せて作ったデザインだから文句も言えない。
私がデザイナーとして活動して、大金をもらってるなら話は違うんだろうけど
こうゆう場合って複雑で余計に悔しい。。
でかでかと、誰がデザインしたとかアピールしてる作品でもないし。
きっと相手にも悪気はないだろうし、気になどしていないだろう。

以前、私のイラストがまるまる流出してた事もあったけど(あ、現在進行形かw)
あれはびっくりしたけど、悔しくはなかったな。。
逆に海外にあたしのイラストが知られてラッキーみたいなw
あのサイトの意図もよくわからないし、放置してるけど。
著作権なんて、その道で大金稼いでる様な人くらいにしか
あってないような物だなって思った。
例えば、中学生の女の子がノートに漫画を描いていて、
それを見た友達が、大人になってパクった漫画を発表しようが、
大きな問題にはならないだろう。。
でももしソレが大ヒットを起こしたら、描いた本人も出てくるだろうけど、
誰も知らないところで、パクったものを発表したって大した問題にはならない。

でもそれって不公平。
その作品で稼げない人には著作権を主張する権利がないみたい。
平等に権利はあるはずだけど、本人が主張する気になれないのが事実だと思う。
パクられたって悔しさだけが残って終わり。

昔、地元のアマチュアバンド同士で思いっきりパクってるバンドがいて、
私があの曲と似てない?って聞いたら、その曲を作った人が
「所詮、この世はパクリパクられの世の中よ!」と言ったw
よく対バンもするバンドだし、周りの連中から見たってパクってる事は明らかで、
誰もがそう思ってたし、本人もソレを認めてて、それでも誰も訴えたりなんかしない。
それが例えばトップ10に入ってる様なアーティスト達で
同じ時期にサビがほぼ一緒の曲出して、パクってるの認めてたら大問題だよ;

著作権は、誰でも作品を作った時点で生まれるものだけど、
それを主張出来る立場は平等じゃない気がした。。。
実際は平等なんだろうけど、世の中そうは思ってないって事。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005     all rights reserved.
Twitter

avaco23 Reload

Profile

AVA

Author:AVA
イラストレーター

menu
Monthly
Link
Access

RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。